PoGoskill - 位置情報偽装

  • location1 iOS/Androidでポケモン GoやモンハンなうのGPSを変更する
  • location1 ジョイスティックでGPSの動きをシミュレートする
  • location1 ルート設定とバーチャル自動移動

【モンハンなう】GPS Joystickができなくなった?完璧な代替品をご紹介

佐藤 賢一
最終更新日2024-04-10 / カテゴリ 位置変更・偽装

「GPS Joystickができなくなったって聞いたけれど、どうしてだろう」

「モンハンNowで狩りに行きたいけれど、いつも使っているGPS Joystickが機能しない?!」

GPS Joystickは知名度の高い位置偽装アプリで、モンハンNowなどの位置情報ゲームのプレイヤー内でも人気のアプリです。そんな人気のGPS Joystickができなくなると、モンハンNowを楽しめなくて困りますよね。この記事では、GPS JoystickがモンハンNowで機能しない原因をご紹介します。

1.GPS Joystickとは

GPS Joystickとは

GPS Joystickとは、スマホの位置情報を変更できるアプリで、Google Playストアからダウンロードしたり、APKファイルを入手したりして利用可能です。

500万以上ダウンロードされている知名度の高いアプリで、評価は★4.6と低くありません。人気の秘密は位置情報アプリの中でも無料で使える機能が多いところです。日本語に対応していませんが、アイコンで表示されるため直感的に使えるという特徴があります。

GPS Joystickを使ってモンハンNowをプレイすると画面にメニューアイコンが表示されます。アイコンをタップしてテレポートしたり、指定したルート間の自動歩行を開始したり、位置情報ゲームのプレイに欠かせない機能が満載です。そんな大人気のGPS Joystickですが、iPhoneやAndroidで利用できなくなったのでしょうか。次は、モンハンNowでGPS Joystickが使えなくなる原因をご紹介します。

2.モンハンnowでGPS Joystickができなくなったのはなぜ?

モンハンnowでGPS Joystickができなくなった時は次のことが原因かもしれません。

原因1:位置偽装対策されるかも

モンハンnowのような位置情報ゲームでは、位置偽装ツールへの対策を常に強化しています。運営側の対策によってGPS Joystickができなくなる可能性があります。

原因2:アプリ内に不具合が発生している

運営側の対策ではなく、アプリに生じた不具合が原因で一時的にGPS Joystickなどの位置偽装ツールがモンハンnowで使えなくなることがあります。この場合はアプリの不具合が解消すれば、通常通りGPS Joystickが利用できます。

原因3:iOSと互換性がない

iOSやAndroid OSのバーションによってはGPS Joystickと互換性がなく機能しないことがあります。iOSやAndroid OS、GPS Joystickのバーションを更新することで利用できるようになるかもしれません。

3.GPS Joystickの代わりにPoGoskillを使う

GPS JoystickがモンハンNowで使えない原因が運営側による対策であったり、互換性の問題であったりする場合はユーザー側で対処しても問題は解決しません。GPS Joystickではなく、代わりの位置情報偽装ツールを利用する必要があります。そこで、ここではGPS Joystickの代わりになるPoGoskill をご紹介します。

PoGoskillはGPS Joystick同様、テレポート、指定したルート間の移動が付いている位置情報偽装ツールですが、GPS Joystickよりも性能が高く、安心してお使いいただけます。

Step 1

モンハンNowのインストーラーをダウンロードする

ダウンロード後、Apple IDアカウントにサインインする必要がありますが、このアカウントはMH NOWカスタマイズパックのインストールにのみ使用され、データ漏洩のリスクはありません。ダウンロードしても使用できない場合は、カスタマーサービスまでご連絡ください:[email protected]

モンハンNow インストーラー ダウンロード
Step 2

MH NOWのインストーラーが携帯電話に正常にインストールされる

順を追ってインストールを完了すると、MH NOWが携帯電話に正常にインストールされます。

モンハンNow インストーラー インストール
Step 3

PCにPoGoskillをインストールして起動する

PoGoskillの画面指示に従い、位置偽装したいiPhoneをPCに接続します。接続はUSBケーブルまたはWi-Fiが選択できます。

PoGoskill 起動
Step 4

ワンクリックで位置偽装

検索バーに住所を入力するか、地図上で直接クリックして目的地を選択して「移動開始」をクリックすれば位置が瞬間に移動できます。テレメトリーモードでは、スピードと進行方向を自由に変更できます。

PoGoskill テレポートモード

PoGoskillの機能

  • 移動速度を調整したり、歩道に沿って移動したりできる
  • スマホの位置情報を変更するため、SNSや他のアプリにも使える
  • テレポート、目的地までの移動、複数地点間の移動、ジョイスティック
  • クールダウン時間が表示されるので、アカウントBanの回避に役立つ
  • 日本語対応、カスタマーサポート付き
  • iPhoneの脱獄、Androidのroot化が不要
  • 最新のiOSやAndroid OSバージョン、新型モデルに対応している

位置偽装ツールというと、日本語対応していない製品もありますが、PoGoskillは日本語に対応しています。今まで、英語の位置偽装ツールを使っていて翻訳に苦労したという方にもおすすめの代替えツールです。

4.PoGoskillについてよくある質問

GPS Joystickの代替えツールとしておすすめのPoGoskillについて、さらに詳しい情報をお届けしていきます。

質問1:PoGoskillはbanされないのか?

PoGoskillを使ってモンハンNowなどの位置情報ゲームをプレイしても、使い方を間違わなければbanされる可能性は低くなります。自然な速度と移動を心がけ、運営側に位置情報偽装を疑われないようにしましょう。

質問2:PoGoskillは無料ですか?

テレポート、指定したルート間の移動、ジョイスティックなどPoGoskillの各機能は3回まで無料で試せます。製品を購入する前に実際に使用感を試せるため、安心してお使いいただけます。

質問3:PoGoskillはiOSとAndroid両方に対応できますか?

PoGoskillは最新のiOS 17およびAndroid 14に対応しています。パソコンを介してスマホの位置情報を変更するパソコン版のソフトだけではなく、iPhoneやAndroid版のアプリもあります。

まとめ

GPS JoystickがモンハンNowで使えなくなった時は運営側による対策、アプリの不具合、互換性の問題が考えられます。アプリの不具合であれば解決するとGPS Joystickが再度使えるようになりますが、他の理由であればPoGoskillなどGPS Joystickの代替えツールの利用が必要になります。PoGoskillはiPhone、Android対応、モンハンNowなどの位置情報ゲームで自然な移動を再現できる位置情報偽装ツールです。

利用者からの声

Polita
ポケモンGOのために歩き回る時間があまりない私にとって、この位置偽装アプリはめちゃくちゃ便利だ!家にいながらにして、レイドに参加したり、いろいろな街のポケストップでアイテムを集めたりできるようになった。おかげでゲームがより楽しくなりました。
Sam
最初はポケモンGOスプーファーを使うことに疑っていましたが、このアプリは信頼性が高く、とても使いやすいことが証明されました。よりリアルにするために歩くスピードを変えられるオプションも気に入っています。
Kevin
PoGoskillは、さまざまな地域を探検し、地域限定のポケモンを捕まえるのに最適だ。私はゲーム内で訪れるとは思ってもみなかった場所にバーチャルで旅行したことがあるが、とても楽しかった。ポケモンGOマニアには必須アイテムだ!このツールは強くお勧めだよ!