PoGoskill - 位置情報偽装

  • location1 iOS/Androidでポケモン GoやモンハンなうのGPSを変更する
  • location1 ジョイスティックでGPSの動きをシミュレートする
  • location1 ルート設定とバーチャル自動移動

【PC不要】Androidだけでモンハンnowの位置情報を偽装する方法

佐藤 賢一
最終更新日2024-02-03 / カテゴリ 位置変更・偽装

皆さん、モンハンNowで位置偽装するAndroid向けの方法をお探しではありませんか。パソコンを使わずにモンハンNowの位置偽装ができると便利ですよね。そこで、この記事ではモンハンNowの位置偽装チートが無料でできるAndroid向けの方法をご紹介します。出歩くことなくモンハンNowをプレイしたい方は、ぜひご覧ください。

1.PoGoskillを使ってAndroidでモンハンnowの位置情報を偽装する - root化不要

モンハンnowで位置偽装したいけれどAndroidをroot化したくないユーザーはPoGoskillがおすすめです。Androidをroot化せずにモンハンnowのチートを体験できる位置偽装ツールで、各機能3回まで無料で使えます。位置情報の変更、ルート間の移動、ジョイスティック機能と位置情報の変更だけではなく、指定したルートの移動やジョイスティックの動きもサポートしており、モンハンnowに最適な仕様となっています。

【特徴】

  • root化不要で位置偽装できる
  • 4種類の移動方法から選べる
  • 各機能3回まで無料で試せる
  • クールダウン期間をカウントダウンする機能付き
  • 日本語全対応

タップしてPoGoskill Android Appをダウンロードする!

【PoGoskillで使える4種類の移動方法】

  • 位置情報を変更する

    マップ上から移動したい場所を選択または住所を入力し、「変更開始」をタップします。Androidの位置情報が瞬時に変更されます。

  • 2スポットモード:目的地まで移動する

    まず、目的地を決めます。その後、下側の「シングルスポットの動き」をタップし、移動速度とルートを設定して移動を開始します。

  • マルチスポットモード:設定した複数地点の移動

    マップ上の複数の地点を選択し、往復回数や移動速度を設定できます。

  • ジョイスティック機能

    「ゲームモード」Pokémon GO と Monster Hunter Now向けにに搭載されているモードです。

PoGoskill Android 位置偽装

2. VMOS Pro経由でAndroidでモンハンnowの位置情報をチートする

Androidに仮想OS環境を作るVMOS Proを使ってモンハンnowの位置情報をチートする方法です。VMOS Proで仮想OS環境を作った後に位置情報を偽装するツールをインストールする必要はありますが、通常のAndroid OSでは対策されていて使えなくなった位置偽装ツールでもVMOS Proを介すると利用できる場合があります。仮想のOS環境を作った後に位置偽装ツールの準備をするので手間がかかるところが難点でしょう。

VMOS Pro モンハンnowの位置情報 チート

【特徴】

  • 日本語に対応していない
  • 無料でAndroidの位置偽装ができる
  • Androidによっては動作が重くなる
  • 仮想のOS環境を作るツールである

【VMOS Proの使い方】

    1、Google Playストアから「Vmos Pro」をインストールします。

    2、AndroidでVmos proを起動し、利用規約に同意します。

    3、「伝統純手動」と簡体字で書かれた青色のアイコンをタップします。

    4、「Add Device」から仮想のOSバージョンを選択してダウンロードします。

    5、Vmos proの「設定」アイコンをタップし、「VM Setting」を選びます。「authority management」の「Game gyroscope」と「Location information」をオンにします。

    6、「GMS Closed」からGoogleアカウントでログインし、モンハンNowをインストールして起動すると仮想スマホでモンハンNowをプレイできます。

3.GPS JoyStickを利用してモンハンなうの位置情報を偽装する

GPS JoyStickは初めに紹介したPoGoskill同様に位置情報の変更やジョイスティック機能があり、モンハンNowで利用できる位置偽装ツールのひとつです。PoGoskillより機能が少ないこと、Niantic社の対策によってGPS JoyStickでモンハンNowがプレイできない事例が増えていることがデメリットとして挙げられるでしょう。2つ目に紹介したVMOS Proで仮想OSを作ってからGPS JoyStickを利用するとモンハンNowをプレイできる場合があります。

GPS JoyStick モンハンnowの位置情報 チート

【特徴】

  • 初めに紹介したPoGoskillと比べると機能が少ない
  • 位置情報の変更、ルート間の移動、ジョイスティック機能あり
  • Niantic社の対策によってGPS JoyStickだけでは検知される可能性が高い

【GPS JoyStickの使い方】

    1、Google Playストアから「GPS JoyStick」をインストールします。

    2、AndroidでGPS JoyStickを起動し、利用規約に同意します。

    3、「現在位置を取得します」にチェックを入れて「開始」をタップします。

    4、GPS JoyStickを起動した状態でモンハンNowを立ち上げてプレイします。

※Niantic社の対策によってGPS JoyStickを利用した状態ではモンハンNowを起動できない事例が増えています。

4.モンハンnowで位置偽装をする前の注意点

注意点1:位置偽装自体は違法ではないが、不正利用の場合は罪に問われる場合があります

モンハンNowなど位置情報を利用するゲームのほとんどは、デバイスの位置を改ざんする行為を不正行為として定めています。位置偽装の行為自体は違法ではありませんが、自身が利益を得たり、第三者に不利益を与えたりすると違法と判断される可能性がありますので、注意しましょう。

注意点2:位置偽装アプリでルートと速度を不自然に設定する場合は警告される可能性がある

モンハンNowでの位置偽装が発覚するとアカウントを停止される可能性が高いです。停止されたアカウントは復旧が難しいですので、ルートや速度など不自然な移動に気を付けて、位置偽装が発覚されないように気を付けましょう。

注意点3:自覚を持って位置偽装アプリを使う

モンハンNowなど位置情報ゲームでは位置偽装は不正行為とされています。発覚するとアカウント停止などのペナルティを受ける可能性がありますので、デメリットを自覚して使用しましょう。

まとめ

モンハンNowの位置偽装をAndroidで行う方法をご紹介しました。位置偽装する方法はいくつかありますが、モンハンNowの位置偽装チートを無料でするなら仮想環境を作成できるVmos Proや位置情報変更アプリGPS JoyStickを覚えておいて損はありません。安全かつ安心してモンハンNowの位置偽装を楽しむならクールダウン期間のカウント、4種類の移動方法などがあるAndroidアプリPoGoskillがおすすめです。

関連記事 【モンハンNow位置偽装】VMOSが対策された?使えない原因と対処法を解説

利用者からの声

Polita
ポケモンGOのために歩き回る時間があまりない私にとって、この位置偽装アプリはめちゃくちゃ便利だ!家にいながらにして、レイドに参加したり、いろいろな街のポケストップでアイテムを集めたりできるようになった。おかげでゲームがより楽しくなりました。
Sam
最初はポケモンGOスプーファーを使うことに疑っていましたが、このアプリは信頼性が高く、とても使いやすいことが証明されました。よりリアルにするために歩くスピードを変えられるオプションも気に入っています。
Kevin
PoGoskillは、さまざまな地域を探検し、地域限定のポケモンを捕まえるのに最適だ。私はゲーム内で訪れるとは思ってもみなかった場所にバーチャルで旅行したことがあるが、とても楽しかった。ポケモンGOマニアには必須アイテムだ!このツールは強くお勧めだよ!