PoGoskill - 位置情報偽装

  • location1 iOS/Androidでポケモン GoやモンハンなうのGPSを変更する
  • location1 ジョイスティックでGPSの動きをシミュレートする
  • location1 ルート設定とバーチャル自動移動

【iPhone・Android】モンハンnowをチートする裏ワザ

佐藤 賢一
最終更新日2024-03-01 / カテゴリ 位置変更・偽装

モンスターを狩ったり、素材を集めたりできる位置情報ゲームのモンハンナウですが、自宅にいながらプレイしたい、実際に移動することなく遠くの場所に行きたいなんて悩みはありませんか。モンハンナウのチートを覚えておくと、効率よく狩猟できたり、移動時間を短縮しながらプレイできたりします。モンハンNowで役立つ裏ワザやチートを知りたい方向けに、この記事ではモンハンナウで役立つ情報をご紹介します。

part1:【モンハンナウ】狩猟で役立つ裏ワザ

モンハンナウで狩猟する時に知っておくと役立つ裏ワザです。

裏ワザ1:縮小または横画面でプレイ

モンハンナウを通常の画面でプレイしている方は縮小したり、横画面に変えたりしてみてください。相手の全体がしっかりと確認できるので、戦いやすくなりますよ。モンスターの頭が見えにくいという問題も縮小・横画面でプレイすると解決します。

裏ワザ2:狩猟されたモンスターの後ろ脚を攻撃する

みなさん、モンスターと戦う時はどこを狙っていますか?モンハンなうはモンスターの後ろ脚を壊すとダウンするので、後ろ脚を攻撃できるモンスターは、まず後ろ脚を破壊する方法がおすすめです。破壊可能な部位に後ろ脚が無いときは、モンスターが弱体化する部位などを積極的に攻撃しましょう。

裏ワザ3:出現時間を見計らってモンスターを狩猟する

モンスターの出現には、だいたいの時間が決まっています。モンスターを倒してから再び出現するまでにかかる時間を覚えておき、効率よく移動すると数多くのモンスターを狩猟できます。モンスターの再出現時間ですが、大型モンスターは3時間ごと、小型モンスターは5分ごととなります。

part2:モンハンなうの位置情報をずらす裏ワザ【iPhone・Android対応】

モンハンnowのチートと聞くと、位置情報を変更する方法が思い浮かぶ方も多いと思います。次は、モンハンナウでチートできる位置情報変更ツールをご紹介します。

ツール1:PoGoskill

PoGoskillはテレポートモード、ジョイスティックモード、2スポットモード、マルチスポットモードと4種類の移動方法を備えたモンハンnowのチート向けツールで、iPhoneとAndroidに対応しています。USB接続だけではなく、Wi-Fi接続もサポートしているので、ケーブルの調子が悪い(またはWi-Fiが不安定)時でも接続方法を切り替えてモンハンナウのチートを続けられます。iPhoneの脱獄やAndroidのroot化といったデバイスの改変が不要なので、スマホのセキュリティを低下させることなくモンハンなうの位置情報をずらすことができるツールです。

PoGoskillの特徴

  • 位置偽装をする際に脱獄/rootは不要!
  • 瞬間移動やルートの指定、ジョイスティックなど移動モード多数!
  • ポケモンGOからモンハンなうまで、多数のLBSアプリをサポート!
Step 1
PCにPoGoskillをインストールして起動する

はじめに、PCにPoGoskillをインストールして起動します。PoGoskillの画面指示に従い、位置偽装したいiPhoneをPCに接続します。接続はUSBケーブルまたはWi-Fiが選択できます。PoGoskillがデバイスを検出したら、検出したデバイス名をクリックします。

PoGoskill 起動
Step 2
[テレポートモード]:ワンクリックで位置偽装

検索バーに住所を入力するか、地図上で直接クリックして目的地を選択して「移動開始」をクリックすれば位置が瞬間に移動できます。

PoGoskill テレポートモード
Step 3
ジョイスティックモード

ジョイスティックモードは、画面右上のアイコン欄の一番右のアイコンを選択します。 画面左下に表示されているジョイスティックをドラッグすれば、移動を開始することができます。LBSゲームに一番似合うモードと言えます。

PoGoskill ジョイスティックモード

【特徴】

  • USBケーブルとWi-Fi接続をサポート
  • テレポートのほか、複数の移動方法がある
  • iPhoneの脱獄やAndroidのroot化がいらない

ツール2:iAnyGo

iAnyGoでモンハンNowの位置情報が変更できると聞いたことはありませんか。モンハンNowのチートを考えている方、iAnyGoなら2回まで無料で位置情報の変更を試せますよ。スマホの位置情報を瞬時に変更するテレポート機能のほか、指定したルートを設定した速度で移動する機能などがあります。脱獄やルート化することなく使えるモンハンナウのチートツールをお探しのAndroid/iPhoneユーザーにおすすめです。

【特徴】

  • シンプルな画面で使いやすい
  • 2回まで無料で位置情報を変更できる

ツール3:GPS joystick

モンハンなう位置情報をずらす定番ツールと言えばGPS joystickですね。Googleロケーション履歴や位置情報の精度、Wi-Fi/Bluetoothのスキャンをオフにする、アンロック版のAPKファイルをダウンロードして設定するなど事前準備に手間がかかりますが、GPS joystickはモンハンNowチートを無料でできる方法です。無料版では動画広告が表示され、広告なしで利用するには有料版への切り替えが必要です。

【特徴】

  • 動画広告ありだが無料で利用できる
  • 事前の設定が複雑で時間がかかる
GPS JoyStick

ツール4:PGSharp

モンハンナウのチートツールPGSharpはAndroidで利用可能、テレポート機能や自動歩行など基本的な機能が揃っている位置情報偽装ツールです。もともとポケモンGO向けに開発されたツールのため、ポケモンを検索するレーダー機能などポケモンGO専門の機能があるところが特徴です。PGSharpはモンスターハンターNowとポケモンGOでチートしたユーザー向けのツールです。

【特徴】

  • iPhoneはサポートしていない
  • ポケモンGOではポケモンを探すレーダー機能などが使える
PGSharp

まとめ

モンハンナウの狩猟時には縮小または横画面、後ろ脚を狙う、出現時間を把握する、この3つを覚えておくと効率的にゲームを進められますよ。モンハンなうの位置情報をずらすチートをお探しの場合は、PoGoskillやiAnyGo、GPS joystickなどのツールを使ってiPhoneやAndroidの位置情報を変更した後にモンスターハンターNowを起動させる手順が必要になります。ツールの中でもPoGoskillは4種類の移動方法があり、脱獄やroot化は不要、USB&Wi-Fi接続に対応している使いやすいツールです。

関連記事 【PC不要】Androidだけでモンハンnowの位置情報を偽装する方法

利用者からの声

Polita
ポケモンGOのために歩き回る時間があまりない私にとって、この位置偽装アプリはめちゃくちゃ便利だ!家にいながらにして、レイドに参加したり、いろいろな街のポケストップでアイテムを集めたりできるようになった。おかげでゲームがより楽しくなりました。
Sam
最初はポケモンGOスプーファーを使うことに疑っていましたが、このアプリは信頼性が高く、とても使いやすいことが証明されました。よりリアルにするために歩くスピードを変えられるオプションも気に入っています。
Kevin
PoGoskillは、さまざまな地域を探検し、地域限定のポケモンを捕まえるのに最適だ。私はゲーム内で訪れるとは思ってもみなかった場所にバーチャルで旅行したことがあるが、とても楽しかった。ポケモンGOマニアには必須アイテムだ!このツールは強くお勧めだよ!